メンタルヘルス研修

メンタルヘルス研修の特徴とは

介護施設でご活躍されている介護スタッフが
健やかに勤務できる職場を作るため、
施設や事業所に講師を派遣して
メンタルヘルス研修を実施しています。
WILLケアアカデミーのメンタルヘルス研修の目的は
大きく2つあります。
1.自己認識力を高めること
2.コミュニケーション力を高めること
医学的な理論や理屈ではなく、
介護の職場でも実践しやすい具体的な方法やスキルを
身に付けられる実態に即した研修を通して、
介護職員をポジティブにします。
研修カリキュラム例
<介護現場での現実問題と対策>
  1. 感情のある人間を相手とする仕事の問題と対策
  2. 突発的な場合の判断が求められる現場の問題と対策
  3. 介護の現場で働く人の気質による問題と対策
  4. 夜勤対応がある職場の問題点と対策
  5. 介護職をイメージだけで選択してしまった場合の問題と対策
  6. 利用者との死別による介護者のメンタル面の問題点と対策
<こころの健康を維持するための5つのチカラ>
  1. 自分でできるストレスをコントロールするチカラ
  2. 自分で手に入れるモティベーションのチカラ
  3. 職員全員でできる傾聴のチカラ
  4. 職場のコミュニケーションのチカラ
  5. 職員全員でメンタルヘルスを知るチカラ

ストレスチェック受検サービス

ストレスチェック for 介護
受検者側のメリット
忙しさやIT環境等、
介護業界にあわせた受検しやすいシステム

メールアドレスが
なくても
運用できるシステム

PC・スマホ、どちら
からでも受検が可能
(紙での実施も可)

一時中断ボタンが
あるので空き時間
でも実施可能

実施後すぐに
ストレスチェック
結果がわかる
※紙での受検の場合は後日送付

実施者側のメリット
専門家がいない、
忙しい中でも事業者側も実施しやすい

実施者側に
必要な項目が
管理画面で一目瞭然

弊社スタッフが
共同実施者
としてサポート

実施者業務を
代行することも
可能

産業保健の
専門家による
相談窓口あり

職場環境改善につなげる独自の組織分析
1. ストレスだけでなく、組織課題の発見が可能です
職業性ストレス簡易調査票(57問)だけでなく、組織心理学と介護の現場課題の観点から独自の21問を追加しています。これによって、ストレスだけではなく、組織の課題を発見が可能です。

《設問例》

  • 今の職場に長く勤めたい
  • 自分の仕事は意味のあるものだと思う
  • シフトなど仕事は公正に配分されている
  • (あなたの上司は)部下の仕事(業務)を積極的にサポートしている
2. 介護業界平均、施設形態別と比較が可能です
一般的に介護業界はストレスが高いと言われる中、全国平均と比べた場合、総合健康リスクが上回る可能性が高いです。そこで全国平均だけでなく、同じ介護業界と比較することで、自施設の立ち位置を把握しやすくなります。
3. 相関分析で問題の深堀りが可能です
通常のストレスチェックでは、自身のストレス状況を把握することができますが、組織としての課題を捉えにくい場合があります。ストレスに関わる集団分析レポートを納品しますので、自施設の組織課題を明らかにできます。